山粧う-yamayosoou- 富士の介のカルパッチョをメインにした冷前菜です。 西京味噌とオレガノのソースに、秋茄子とコリアンダーシードのマリネや茗荷を合わせた秋らしい一皿です。 #暮らし #foodphotography #季節を楽しむ #果実 ##photo #photooftheday #photography #photographer #暮らしを楽しむ #料理教室東京 #おやつ #ja 続きを読む…

投稿者:hitotsu 投稿日時:

9月6日火曜日 本日定休日です。 前菜のご紹介 「盛夏」 バジルでマリネした鬢長鮪と真蛸、お店でセミドライしたトマトに茗荷、 オレンジ色の鮮やかなソースは、トマトとシェリーヴィネガーのソースです。黒文字の香りもお楽しみください。 黒文字は、和のアールグレイと呼ばれるほど香り豊かな野草です。私も大好きな植物。  

投稿者:hitotsu 投稿日時:

生でもいただける、 富士ジネンテックファームさんの富士の介 @fujijinentecfarm ふわふわで、とっても美味しいです!下から、玉葱、木の子が3種類、季節のお野菜、サーモン、野草オイルが織り重なっており、上の食材から出た全ての旨味が一番下の玉葱へと届く様になっております。 HERBSTAND / ハーブスタンドさんの野草が最高に良きアクセントとなり、また秋以降も食べ続けたいお料理です。 続きを読む…

投稿者:hitotsu 投稿日時:

節気の日本菓子 「シャインマスカットの錦玉羹」 ご予約ご注文 は @kimie__________ のプロフィール欄にありますオンラインサイトからお願いします ○ 一房の中でも一番大粒の部分のみを選び、一本に8-10粒並べます。 2段重ねるので頭が飛び出してしまうのですが、その姿もシャインマスカットらしく大胆で風情こそ感じております。 上品な甘さのシャインマスカット。 クリーミーな味わいのものと最 続きを読む…

投稿者:hitotsu 投稿日時:

葉月のデセール 秋暑 暦の上では秋を迎えましたが、まだまだ残暑厳しい毎日。 マンゴーとパッションフルーツを使った大堂のデセールかと思いきや、 ガツンとしたエスプレッソの苦味のアイスクリームやムース、それからパリパリと食感が楽しいキャラメルやピスタチオをあわせております。 パッションフルーツとマスカルポーネのムース、マンゴーにパッションフルーツとオリーブオイルのマリネ 、エスプレッソとピスタチオのア 続きを読む…

投稿者:hitotsu 投稿日時:

数日の夏季休暇をいただきまして、 明日のディナータイムから営業スタートとなります。 子供たちもこの夏休みでパパと沢山時間を過ごせて嬉しそうでした。サッカーもっと上手くなろうね! ○ 暦の上では既に秋 この季節に実った食材をふんだんに使ったコース料理をご用意してお待ちしております。 #hitotsu

投稿者:hitotsu 投稿日時:

#cookforjapan でお世話になっている 関口シェフ @yukihide_lion が虎ノ門ヒルズで #リオレに夢中 という名のポップアップイベントを 開催しているらしいと夫から聞きまして、 料理教室の忙しさを丁度終えたわたくし、 るんるんで子供達と一緒に行って参りました。 お昼のメニューは、感動のボロネーゼとリオレのセット。それに、桃のパフェをいただけます。ちゃっかり、ワインもいただいて 続きを読む…

投稿者:hitotsu 投稿日時:

気づけば暦も秋。 立秋を迎え、新しい冷前菜をご用意しております。 テーマ「夏めく」 シマアジと帆立のカルパッチョに、ズッキーニをフレッシュでのせて、 茗荷やえんどう豆の新芽を飾り、パプリカとシェリーヴィネガーのソースで爽やかさが口一杯に広がる一皿。 8月15日から19日のランチタイム迄、夏季休暇となります。 宜しくお願い致します! #hitotsu

投稿者:hitotsu 投稿日時:

昨日は、東京ガス業務用テストキッチン「厨BO!YOKOHAMA」にて、横浜ガストロノミー協議会 主催のセミナーで当店のオーナーシェフ @noda_kazutoshi が講師として調理デモンストレーションをさせていただきました。 実演料理は、写真一枚目の ● Salade niçoise à ma façon 「ニース風サラダ ア・マ・ファソン(自分流で)」 そして写真2枚目の ● Daube de 続きを読む…

投稿者:hitotsu 投稿日時:

Hitotsuのスペシャリテ お野菜のパフェです。 写真は先月までのトマトのパフェですが、今月からはとうもろこしのパフェに変更しております。 甘味とクリーミーさが持ち味のとうもろこしなので、合わせるジュレは酸味と苦味のあるグレープフルーツを。ガラスの一番下に入っていて、最後に口へ入るものなので次のお魚へ繋げる流れでさっぱりと。 ただ美しい見た目だけでなく、どのように口へ運びどのように下の上で感じる 続きを読む…

投稿者:hitotsu 投稿日時: